LuckyBankに行政処分勧告が出されました。ソーシャルレンディングからもう撤退します。



こんにちわ。

ちょっと昨日から凹んでいます。株クラスタの人から見たらメシウマ案件なのかもしれません。

私も投資しているソーシャルレンディングのLuckyBankに証券取引等監視委員会の捜査が入り、行政処分を行うよう勧告をしたというニュースが入って来たのです。

ラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

1.勧告の内容

 関東財務局長がラッキーバンク・インベストメント株式会社(東京都中央区、法人番号3010001160426、代表取締役 田中 翔平(たなか しょうへい)、資本金2億円、常勤役職員6名、第二種金融商品取引業、以下「当社」という。)を検査した結果、下記のとおり、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたので、本日、証券取引等監視委員会は、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、行政処分を行うよう勧告した。

2.事実関係

 当社は、当社ウェブサイト及びウェブサイト内の会員ページにおいて、法人向けローンを出資対象事業とする匿名組合(以下「ファンド」という。)の出資持分の取得勧誘を行い、その出資金により貸付事業を行っている。貸付先のほとんどは、田中 翔平 代表取締役(以下「田中社長」という。)の親族が経営する不動産事業を営むX株式会社(以下「X社」という。)となっており、田中社長を含む取締役全員がX社における不動産事業の会議に参加し各事業の進捗状況等の報告を受けているほか、成28年4月から同29年2月までの間においては、内部管理責任者である取締役をX社の不動産事業部に兼務させるなど、当社とX社は密接な関係の中業務を行っている(平成29年8月末現在、償還期限が到来していないファンドは、185本、出資金約62億円)。

貸付先のほとんどを田中社長の親族が経営する不動産事業を経営するX社にしており、LuckyBankの取締役をX社の不動産事業部と兼務させるなどしていた。

H29年8月末時点で、償還期限が到達していないファンドは、185本、約62億円・・・・

ぞっとします。

62億円。

金融商品取引契約の締結又はその勧誘に関して、重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行があったとしており、その内容は以下の2点です。

(1)貸付先の審査につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

当社は、ウェブサイト上で公表している取引約款等において、貸付事業に係る貸付先の選定に関し、「借入人から借入れの申し込みがなされた場合には、あらかじめ当社が定める内規に従い審査を行い、当社が適当と判断する申込みについて、ファンドの募集手続に付す。」旨を、また、広告サイトにおいて、「当社は、借入申込者の信用力を厳密に評価します。提出書類(決算書・事業計画書・収支計画書など)に基づき融資の可否を判断します。」旨を表示しているが、当社の貸付審査の状況を検証したところ、X社より提出された財務諸表において、売却契約の締結に至っていない物件を売上に計上するなどして、純利益や純資産が水増しされているにもかかわらず、これを看過していたほか、X社が手掛ける複数の不動産事業について事業期間が延長となる事態が発生し、この間、X社は売却資金を得られず、平成29年3月以降に償還期日を迎えるファンドに係る借入金の返済が困難な状況となっていることを認識したにもかかわらず、その後もX社を貸付対象先とするファンドの募集を継続している。
 以上のとおり、当社のウェブサイト上等の表示は、一般の出資者が読んだ場合、当社において、貸付先の信用力を評価するための具体的かつ客観的な内部基準に従った審査が行われるなど、慎重な手続によって貸付先の審査が行われているとの認識を与えやすいと考えられるところ、当社においては、上記のとおり、慎重な手続によって貸付先の審査が行われているとは認められない状況にあり、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる貸付先の審査について、あたかも、慎重な手続きによって行われているかのような誤解を生ぜしめるべき表示を行ったと認められる。

X社の財務諸表において、純利益や純資産が水増しされていた。

X社が手がける複数の不動産事業で事業期間が延長となる自体が発生し、平成29年3月以降に償還期日を迎えるファンドに関わる借入金の返済が困難な状況になっているのにかも関わらず、X社の貸付対象とするファンドの募集がされていた。

自転車操業だったわけですね。

新規の募集から集めた資金で返済しようとしていたことが疑われます。

2)担保物件の評価につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

当社は、X社が保有する不動産に担保を設定して、X社への貸付けを行っているファンド318本のうち252本について、「不動産価格調査報告書」を当社ウェブサイト上の募集要領に掲載しているが、当該報告書は、正式な不動産鑑定評価を行った上で作成されたものではなく、対外的に公表できない不動産価格をウェブサイト上に掲載し、ファンド出資持分の募集を行っている。
 以上のとおり、当社は、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる担保評価について、誤解を生ぜしめるべき表示を行ったと認められる。

さらに、担保物権の評価は正式な不動産鑑定評価をおこなったものでなかった。

とこの2点が問題だったようです。

とてもとても嫌な予感がしています。

いや、実はLuckyBankには嫌な予感がしていたのです。

どうしてそう思っていたか、

  • 他者に比べてスキームの説明が無さすぎる。
  • 社長が若すぎる。
  • 社長以外の社員の顔、存在が見えなかった。
  • そもそもLuckyBankっていうネーミングが安直&犬のイラストが雑すぎる。
  • なんか会社自体を適当に作った感じがしていた。

犬のイラストが雑すぎるとかネタかよって感じなんですが、本当にそう思っていたのです。

それに加えて赤字になっているという情報を見たので、もう撤退したいと思っていました。

何度かブログにも書いていますが、私は昨年末ごろからソーシャルレンディングに対するリスクというのをすごく感じていて、今後はもう撤退の方向で動いていこうと思っていました。

特に完全撤退をしようとしていたのが、SBIソーシャルレンディング、LuckyBankだったのです。

どれくらいの利回りのファンドを組み合わせるかにもよりますが、低リスクのものも入れて行くと株式のリターンとほぼ同じかそれ以下に成り得るのにも関わらず、リスクはそれ以上に高いですから。

ハイリスク、ミドルリターンってことです。

それでも途中でこのリスクに気がついても、売却して終了っていうことができなかった。

流動性の無さゆえにどうすることもできず、過ごして来たわけです。

その矢先の事件です。

正直とても悔しくて、残念な気持ちです。

私はこうやってブログを書いてるので、失敗したことも書かなきゃいけない。

本当はうまくいってることだけ書きたいけど、そうはいかないので。

現在どういう状況かというと、今月ちょうど45万円の出資金が返って来たところです。

次が5月に30万円の返済になる予定でした。

f:id:nadiano:20180221101052p:plain

その次がいつなのかというと、65万円の返済が来年の2月になる予定でした。

f:id:nadiano:20180221101053p:plain

なので全て回収される予定が1年後だったのですね・・・。

こんな状態で新規の募集ができるのか、と思うとできないのではないかと予想しています。

それにプラスして担保の評価も怪しいと来たら、返済能力があるのかも分からない。

いや、逆に全金額の返済能力がないからこそ水増しして正式な不動産評価が出来ていないと考える方が自然です。

ラッキーバンクとX社が本当に62億円もの資金を担保できるほどの規模の経営をしているのであれば、こんな信用を失うリスクを負って詐欺まがいのことをする必要がないと思うのですが…

というまさにみんなのクレジット再来を予感させる展開です。

やっぱりもう、さっさとソーシャルレンディングから資金を回収してしまいたい気持ちでいっぱいです。

今後の展開を見守っていきたいと思います。

それでは・・・

ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

16 件のコメント

  • id:mayonezu2015さん
    53さんお久しぶりです!私もあと残高100万円近いんです。。
    いつか取り戻せると信じて。これ以上SL関係で被害を受けないことを願ってます。ありがとうございます!!

  • みぞれ (id:mieezore)さん
    みぞれさん!慰めの言葉ありがとうございます。その優しさが嬉しいです(涙)
    どうなるかわかりませんが、頑張っていきます!ありがとうございます!!

  • ラッキーバンクが怪しかったので撤退を考えられていたお話は分かりました。SBIソーシャルレンディングはなぜ完全撤退を考えられていたのですか??

  • ちょうど1年前にも検査が入っていたはずです。
    その後何も無かったので、私も7月からLBに投資始めました。
    何故今頃?という思いは正直ありますね。
    みんクレと違うのは、不動産担保付きなこと。
    まあその不動産評価が甘々だったわけですが…
    2月20日の午前中、LBから期限前返済のお知らせメールが来てました。
    時間的には金融庁の告知前だったと思います。
    今後注視していきたいと思います。

  • ねもさん
    私はSLはリターンに対するリスクが大きすぎるので撤退する方向で考えていました。
    SBIソーシャルレンディングに関してはカンボジアローンで貸し出しに対してかなり大きな額の資金を集めており運用されていないという実態があってそこから不信感を抱いています。→過去記事です
    http://www.ecofree-mom.com/entry/2017/10/07/233153
    ただでさえ新しいサービスで不透明なことが多い投資先であるのに、少しでも「不信感を抱いた」ということがもう”無し”だと感じるからです。あとやはり使いにくい、顧客の立場に立ったサイトになっていない点などが気になっていました。

  • captainさん
    コメントありがとうございます。
    そうですよね、なぜ今頃なんでしょうか・・。期限前返済のお知らせが来ていたということはその分は回収できるということですよね。私は確認したところそのような連絡は来ていませんでした。
    みんクレの時も思いましたが、経営者はこのような自転車操業をして一体出口はどうするつもりだったのかなと思ってしまいます。
    担保の不動産評価がどこまで信頼できるものなのか、恐ろしいですね。
    私も今後を見守っていきたいと思います。

  • Nadia様
    LBからは、先月末にも期限前返済のお知らせを頂き、2月6日に滞りなく分配と原資の償還がありましたので、安心していたのですが。
    まあ自転車操業的な感じは否めませんが、電話も繋がり受け答えもされてるようです(私自身ではなく、他の方のブログでの報告です)。
    3月8日に期限前返済予定がありますので、ひとまず待ってみたいと思います。

  • captainさん
    そうですね。電話で問い合わせされてたのってロドスタさんのブログでしょうか?私も読みました。
    でもその時の回答で「全額ちゃんと返します」と言わなかったことがもう・・・・と思ってしまいましたが。。
    まだわかりませんけどね、続報を待ちましょう!!

  • こんばんは。カンボジアローンは相当リスクが高い旨が表記されていました。おそらくある程度信頼がおける融資先が少なすぎてそうのような状況なのでしょうね^_^;
    SLは現在は玉石混交の状態なのでしょうね。個人的にはSBIなど、やはり上場企業がバックにあるきちんとした会社が残っていくと思っています・・・。

  • ねもさん
    ファンド自体にリスクがあるのは仕方ないと思います。そのため高利回りになっているので。私にとって問題はそこではなくて貸付が行えていないのに引き続き募集を続けているという「不誠実さ」なんです。不誠実というかやってることが詐欺のようなゆるさで私には理解できないので。自分も投資していますのできちんとしてくれていると信じたいとは思いますが。まさにおっしゃる通り玉石混交の状態ですね。利回りを考えたらそのリスクを取ってまでソーシャルレンディングにこだわる理由がないかと思ってます。

  • はじめまして。私もラッキーバンクに70万弱投資中で、近々、ソーシャルレンディングから資金を引きあげようと思っていました・・・がっくりです。でも前をむいて、絶対、ちょっと時間がかかっても、他の投資で資金を回収するつもりです。ソーシャルレンディングとは段階的に決別します。がんばりましょうね!

  • なおこさん
    はじめまして。コメントありがとうございます!投資額も撤退しようとしていた矢先というのも似ている状況ですね・・悔しいお気持ちお察しします。
    これ以上他社でも同じようなことがないことを祈るばかりです。まだ金額も取り返せると思える額ですし、お互い頑張って乗り越えて行きましょう!ありがとうございます!!

  • Nadia様
    LBの案件は抵当順位が一位なので、担保物件を売却してもゼロにはならない、というのが私も投資先に選んだ理由です。
    勉強不足なので的外れかも知れませんが、最悪担保物件が売却されるようなら、投資家同士でSPC立ち上げて担保物件を共同所有できないもんですかね?

  • captainさま
    ゼロにはならないのでしょうかね?その担保物件が本当に実在してるのかも分からないし、担保価値もどこまで本当のことなのかもわからない状態なので、正直なんとも言えないですね・・。そのSPC立ち上げて共同所有というのはごめんなさい、私も勉強不足でよくわかりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。