近況&貧困女子の記事を読んで思うこと



こんにちは。最近ブログから遠のいていて、どこから書いたらいいのかなぁと思ってしまう今日この頃です。

最近はとりあえずソーシャルレンディングから資金引き上げ中です。

今月末には100万円以上回収して証券会社に移します。

あとは先日また106円台になったところでドル転しておきました。

この下落局面ではまだ株は何も買ってません。

最初の暴落初期にVTを買ってしまって、絶賛含み損状態なので、あまり下落ですぐ飛びつくとダメだなと反省して見守って来ましたが、二番底狙いすぎたかな。

ちょっと戻してきてますもんね。ほんとタイミングって難しいです。

色々細かくまとめるのがちょっと大変なので、今日は朝読んだよくあるネットニュースの貧困系女子の記事を読んでの感想を少し。

 

YAHOO!ニュースに出ている貧困女子の記事を読んで考えること

32歳の女性で契約社員で働いてて、貧困に陥っていて、でも仕事を掛け持ちとかする体力はなくて、結婚相手を探しているけど思ってるような人はいないなって言う話なんですけど。

【貧困女子】働かないで暮らしたい!ペットボトルが散乱する部屋で見る専業主婦の夢 (Suits-woman.jp) – Yahoo!ニュース

まぁヤフコメ欄ではボロクソに叩かれますね。この手の記事は。

記事によっては壮絶な状態に陥っている人も多くて、読んでいると凹んでしまったりするんですけど、女性の貧困って結構根深い問題なので、読む人が多いんだろうと思います。

私もつい見ちゃうので。

で、何が言いたいかと言うと、これはあくまでも人の振り見て我が振り直せってことで「客観的に見たら何が学べるのか」って話です。

この記事内の貧困女子さんのダメな点って、結婚でしか人生変えれないと思ってるところかなと思います。

実際そういう風に考えるのって普通の感覚だし、素敵なパートナーに恵まれたらそれが一番の幸せなんだと思いますが、逆の立場で考えるとそれがあまり良くないってことが分かる。
 
 
例えば独身男性で仕事だけでいっぱいいっぱいで、料理とか、掃除とか全然できなくて、「結婚さえすれば幸せになれる」とか言ってる人に魅力って感じるでしょうか?
 
 
ある程度自分で生活が良くなる工夫とか努力をしてて、それでもうまくいかないって言うならまだしも、最初から他力本願な人ってどうなんでしょう。
 
お世話係のように自分が全てやらないと自分のことができない人って、しんどそうだな。色々うまくいかないと自分のせいって言われてしまいそう、と思ってしまいます。
 
そう考えるとやっぱりある程度自立している者同士が支え合うのが理想なんだと思います。
(完璧に自立しすぎてしまうと今度はまたパートナーが必要じゃなくなってくるので、ある程度で良いと思う。)
 
 
でも「結婚で人生変えたい。」そう思ってる女性が多いのは分かるし、一度入り込んでしまったらなかなか抜け出せないのが貧困なんだと思います。
 
それはよく分かるのです。
 
でも、そういう姿勢ではダメだってことも言うことも客観的に見て考えたら分かる。
 
 
だから他人のふり見て我が振り直せじゃないけど、逆をいかなきゃいけない。
 
 
結局、まずはやっぱり自分発信で幸せを作れなきゃダメってことですよね。
 
あくまでも「まだ見ぬ相手」っていうのは架空の存在であって、うまく出会えたらラッキーだけど、時には思うようにならないのが人生です。
 
離婚率も3割な現代で、他人に自分の人生を全て委ねる人生設計というのは崩れる可能性も秘めているのが実情です。
 
 
そんな甘くない人生、ここは一旦 「自分の幸せは自分で作ります!!」と宣言し、料理を頑張ってみる、なにかプラスになる勉強をする、副業などで少しでも稼ぐ道を作ろうとしていく、などポジティブに生きて行かないと道は切り開けないのかなと思います。
 
 
そして思慮深さも必要で、年収はいくら以上で!とか思っていてもそれをおおっぴらにしてしまうと反感を買うものだなと思いました。
 
私の友人でバリバリやってる子たちでも、心の中では「いつまで働けばいいの」とか「ずっと働き続けるのはしんどい」って思ってる子はいますし、私も20代に相当ハードな働き方をしていた時期があり、そう感じたことがあります。
男性が女性や家族を守る力って、昔ならどれだけ狩猟能力があるかってことで、現代だったら経済力であるのはある程度正しいと思うし、そう考えてしまうのは全然悪じゃないと思う。
 
ただそれはそっと胸のうちに秘めておいた方が賢い。
そして女性にとって若さっていう一点だけが魅力だとしてしまうと、その価値はどんどん下がって行くということを頭に入れておかないといけません。
 
そういった年齢を超えて楽しんで行くライフスタイル、魅力を自分で作っていかないと。
 
それが素敵に歳を重ねるってことなんだろうと思います。
 

 まとめ

結局はコツコツ自分の人生を自分で作って行くことだと思います。
どうでもいいことでつまづいてる場合じゃないですね。
 
そしてジャンルは関係なしに自分の持ってるリソース(資源)を最大限に発揮して生きようと努力することですね。
 
それしかないなと思いました。
 
仕事でも趣味でも得意なことでも、今興味のあることでもなんでもいいです。
新しいことにチャレンジしたり、自分のキラリと光る部分を輝かせてみる。
 
今ってインターネットさえあれば、ブログやSNSでどんどん発信して人と繋がれる時代。
どんどん自分の魅力を発信して磨いていったらいいんじゃないかと思います。
それが思わぬ収入を生むかもしれませんし、自分を支える柱となって行ったり、自己肯定感を高めたり、新しい出会いを生んだりするかもしれません。
 
私はこんな人と友達になりたいな、とか知り合いになりたいなって思ったら、まずはそんな人たちと対等に話ができる自分にならなきゃなって考えます。
できているかどうかは置いておいて。
 
そういう心がけがあると自分も成長しますし、実際に気が付いたら少しずつ交友関係が広がって行ったりするものです。
 
人間って放っておいたらついつい楽な方へ流れてしまったり甘えたくなってしまう、弱い面もある生き物です。
 
だけどそれを踏まえた上で、努力してる姿に人って魅力を感じるのではないでしょうか。
 
日曜の午後をのんべんだらりと過ごしていた私も自分を省みるきっかけになったのでした。
 
 
それでは!
 

ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

2 件のコメント

  • 素敵なエリート男性の奥さんって、子育てしながら、自宅でエステとかネイルサロンやったり、公文教室開いたり、デザインの仕事とか、何かしら自分の才能を生かせる仕事をやったり、積極的に地域と交流したり、とにかく何かはやってますよね。
    旦那さんに依存した生活してる人は少ないし、そういう人が魅力的だし、素敵な旦那さんを見つけられるんだと思います。

  • みぞれ (id:mieezore)さん
    分かる気がします!何かしら自分発信で取り組んでいることがあって魅力的だから素敵な人から選ばれるんでしょうね!
    何も持ってないのに欲しい欲しいばかりでは成立しないなって思います。これは友人関係でもそうだと思うな〜。お互いにとっていい刺激になって尊敬し合える関係というのが理想です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。