maneoから分配金&投資信託で損をするエピソード後日談



こんにちわ。

昨日はmaneoから分配金が入りました。

24件分で、15,675円でした。

f:id:nadiano:20170907151726p:plain

月初から嬉しいスタートです♬

maneoの方では今320万円ほど投資しています。

昨日はドルが108円代に下がってたタイミングでドルを買っておきました。

タイミングをみてちょこちょこ買っておきます。昨日の後日談を少し。

わけがわからない金融商品に言われるがままに投資して後悔した話。

《記事はこちら》

投資をやり始めて良かったと思うこと【序章】投資信託でわけがわからないものに投資、損をする編〜

 

これってまぁ、色々文句を書いてしまいましたけど、証券会社が悪いんじゃないとは思います。分かってないものに投資をした自分が悪いんですけどね。

私が見てる限り投資信託って非常にわかりにくいです。

自分が理解できていない謎のものに、わざわざお金払ってお願いして損をしたら、とっても悔しいと思いませんか?

大きな損を出しても誰も責任は取ってくれません。

例え投資で損をしたとしても、自分が知ってる企業を調べた上で投資して損した方が納得がいきますよね。

それに昨日も言ってましたが、投資信託の運用する期間が決まってるものって、リスク以外の何物でもないと思います。

為替とか世界経済がどうなっているのかもわからないのに、「〇〇年〇月〇日まで」って決まっていたら、こちらは運に頼るしかない。

それまで神頼みみたいに怯えながら祈るしかないんです・・

自分で投資していたら当たり前のことなんですが、売却するもホールドするもその時の世界経済を見た上でタイミングをコントロールできますよね。
当時もその償還の時にどうなってるかわからないのが嫌だなって思ってたんですが、それ以上に経済とか金融ってとんでもなく難しくて「自分で投資する」なんて、どうしたらいいかわからない。っていう状態でした。

まぁ投資信託ってそういう人のためにあるんでしょうかね・・・

分からないものに手数料を払って、損をする。

これはもう自分はしたくないと思いました。

ちなみに今年の春、また証券会社の人が実家に来ていたとき、私も現在のその投信の現状を聞くために同席していました。

その頃にはすでに米国株に投資したいと思っていた頃だったので、自分で米国株投資を始めると言ったら、母親には反対されました。

「アメリカの株!?私たちみたいな素人が、自分でやって勝てる世界じゃない。為替とかもあって難しいから、やめた方がいい」って言われました。

私の返事はこうでした。「うん。確かに難しい。でも勉強してやって行ったら慣れていくんちゃうかなと思って。アメリカは先進国で(ほぼ)唯一人口も増加しているし、グローバルに展開してる企業も多い。日本に投資するより先行きは明るいかと思って。

そうしたらまぁ何か考えがあってやるのね、と思ってくれたのか黙ってました。

確かに海外に投資するのは為替と株価の2重で考える必要があって難しいですし、リスクは確かにあると思う。

でも分からないものに投資するのはそれ以上にリスクあると思うんだけどなぁ・・・

証券会社の人には「これから米国株に投資するつもりをしてます。でも多分ネット証券で買います、申し訳ないですが。」と言っておきました。

こうしてこの証券会社の人から電話がかかって来たら「ネット証券で自分でアメリカの株買ってます。はい」って言ってたら、その後その人からはあんまりかかって来ませんね。

もう一つ別の大手証券会社からはかかって来ますけど。

そんなわけで、私の自分で海外株に投資する旅が始まったのでした。

 

(ちょっと大げさやな・・・)

それではまた次回に、自分で投資を始めて良かった話をしたいと思います♬

ランキングに参加しています!読んだよ〜っと応援クリックしていただけたら嬉しいです♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。